日本企業がより円滑に対象国への海外進出を展開できるよう、海外進出支援事業を行っています。

海外進出支援事業

AJKでは、日本企業がより円滑に対象国への海外進出を展開できるよう、視察団の派遣や対象国の行政、行政機関、現地進出日系企業等との意見交換、調査を通じて情報を収集しAJKホームページ等にて提供するなど、海外進出支援事業を行っています。

ベトナム労働傷病兵社会省 海外労働局
PlamViet Hurong 局長代行(写真 中央)と、ベトナム労働問題について協議。

カンボジア労働職業訓練省
Seng Sakuda労働事務次官(写真 右から2人目)と、カンボジア労働問題協議。

日本語教師としての資格を取得した分野別専門家を派遣し、基礎教育を徹底していします。

専門家派遣事業

産業発展の中で重要視されるのは「基礎教育」です。これは基礎技術や基礎技能のみならず、産業に対する「基礎概念」も併せて教育する必要があると考えています。
例えば、日本語でも「製造工業分野」や、「建設分野」で頻繁に使用される日本語と「介護福祉分野」で使用される日本語では、異なってきます。
また、それぞれの産業分野において重要視される概念も異なってきます。
AJKでは日本語教師としての資格を取得した分野別専門家を派遣し、其々の分野で必要な日本語教育を実施し、基礎教育を徹底します。

派遣機関にて
日本語教育方針について協議